MENU

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

【節分祭】町田天満宮の豆まきに行ってみた!開催日時・混み具合・取りやすい場所を紹介【2024年】

  • URLをコピーしました!

この記事では、町田天満宮の節分祭について、開催日時・混み具合・豆を取りやすい場所などを解説しています。

節分祭で受け取れる景品はどんなものがあるのかも紹介していますよ。

是非最後までご覧ください。

目次

節分とは?

まずは節分(豆まき)についておさらいしておきましょう。

基本情報

節分の豆まきは、日本の伝統的な行事で、毎年2月3日に行われることが一般的です。

これは、春の訪れを祝い、邪気を払い、幸運を呼び込むための行事です。

日付と由来

節分は、立春の前日であることが多く、通常は2月3日です。
これは旧暦の立春に基づいています。

豆まきの由来は古く、邪気を払うために「福は内、鬼は外」といった言葉が伝えられています。

行事の進行

家庭や寺院、学校などで行われます。
特に家庭では、家族や友達と一緒に行います。

豆まきの前に、家の中や玄関などで掃除を行い、部屋に福を呼び込むための飾りをします。

鬼役と福豆

通常、家族の中で一番元気な人や子供が「鬼役」となり、鬼の面を付けて部屋に入ります。

他の家族や参加者は、福豆と呼ばれる豆を鬼に向かって投げます。これによって邪気を払い、福を招くとされています。

掛け声

豆まきの際には、「福は内、鬼は外!」などの掛け声をかけながら行います。

これによってより一層、邪気を払おうとする意味が込められています。

町田天満宮など、外で行われるイベントでの掛け声は「福は内!」という掛け声のみになっている場合が多いです。
「鬼は外!」と言ってしまうと、豆を取る人が鬼になってしまうからですね。

豆まきの意味

豆まきは、新しい年の始まりにおいて清めを行い、良い運気を呼び込む儀式とされています。邪気を払うことで、健康や幸運が訪れると信じられています。

町田天満宮の節分祭の開催日時・混み具合

ここからは、町田天満宮の節分祭について詳しく解説していきます。

開催日時

町田天満宮の節分祭はいつ開催されるのでしょうか?

2024年は2月3日に節分祭が行われました。

さらに、節分祭で豆がまかれる時間帯は決まっており、3回に分かれています。

もちろん回数制限や人数制限等はなく、誰でも何回でも参加できますよ。

回数開催時間
1回目13時〜
2回目14時30分〜
3回目16時〜

毎年同じ日にち、同じ時間帯に行われるようです。

混み具合は?

町田天満宮は町田市の中でも最も大きな神社の一つで、たくさんの人が節分祭に訪れます。

1日に3回に分けて豆まきが行われますが、3回目になるにつれてだんだんと人が増えていくようなイメージです。

今回私は14時半と16時の豆まきに参加してきましたので、混み具合を写真でご覧ください。

14時半からの豆まき

これは14時28分くらいに撮影したものですが、すでにたくさんの人たちが場所取りをして待っていました。

全部で、この写真に写っている3倍くらいの人がいた感じですね。

14時30分を過ぎると、神社の砂利からはみ出すほどの人になっていました。

16時からの豆まき

16時からの回はさらに人が増えて、14時半から開催された時よりも1.5倍くらいの人だかりになりました。

場所取りはどれくらいからすれば良いか

こんなに人がいるんだったらあんまり取れないのでは?と思う方もいるはずです。

そんな方は、あらかじめ場所取りをしておくのがおすすめです。

開催される20分前になると、30人くらいが集まってきます。

10分前になるともう前に行ける感じではなくなってしまいます。

舞台の真ん中の前の方を取りたいのであれば、30分前についておくと安心でしょう。

たくさん豆を取れる場所

ここからは、空いている場所や豆が飛んできやすい場所を紹介します。

最前列の真ん中

ここが一番豆が飛んでくる(もらえる場所)です。

基本的には子供達がたくさんいて、豆をまく人がよく豆を落としてくれるんですね。

もし親子連れで節分祭に来たのであれば、お子さんだけ前に行かすのもgood。

舞台を見て右側

こちらは穴場スポットなります。

豆がどれだけ飛んでくるかは別として、神社の入り口から一番遠い場所なので人が少ないんです。

舞台の近くの端っこ

舞台の近くの端っこも豆がよく取れる場所です。

豆まきの人に手を大きく振れば、自分を狙って豆を投げてくれますよ。

もらえる豆・景品

町田天満宮では、どんな豆や景品がもらえるのでしょうか?

もらえる豆

ナイロン袋に入った豆がもらえます。

袋の中に神社のハンコが押してある紙が入っている場合は景品(福袋など)と交換できます。

豆まきが終わったらよく確認しましょう。

もらえる景品

豆の袋の中に紙が入っている場合は、福袋の景品と交換ができます。

私の場合は、以下のものが福袋の中に入っていました。

  • ティッシュ
  • トイレットペーパー
  • ハンドソープ
  • ピンバッチ

家庭的なものが多いようですが、福袋なので毎年入っているものは変わります

福袋ではなく、毛布をもらっている人もいました。
入っている紙によって景品が違うようです。

まとめ

この記事では、町田天満宮の節分祭について、開催日時・混み具合・豆を取りやすい場所などを解説しました。

節分は1年に1回なのでぜひ皆さんも豆まきを楽しんでくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
返信通知を受け取る
通知
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
目次